> > おかやまコープ、真庭バイオマス発電所から電力調達へ 電気の地産地消実現

おかやまコープ、真庭バイオマス発電所から電力調達へ 電気の地産地消実現

(左から)真庭バイオエネルギー澁澤 壽一代表取締役とおかやまコープ平田 昌三理事長

おかやまコープ(岡山県岡山市)は3月18日、真庭バイオエネルギー(岡山県真庭市)と「電気需給契約」を締結した。

おかやまコープはエネルギーの地産地消へ向け、「包括連携協定」を締結する真庭市の真庭バイオマス発電所の電気を真庭バイオエネルギーから購入、4月1日から34施設で利用する。真庭バイオエネルギーの民間団体への電気供給は、岡山県内で初めて。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.