> > 長野県と中部電力ら3社、県内公営水力発電所由来のCO2フリー電力販売へ

長野県と中部電力ら3社、県内公営水力発電所由来のCO2フリー電力販売へ

長野県、中部電力(愛知県名古屋市)、丸紅新電力(東京都中央区)、みんな電力(東京都世田谷区)の4者は3月26日より、信州の水でつくられた電力を販売する「信州Greenでんき」プロジェクトを開始した。

同プロジェクトは、長野県企業局が運営する県内17カ所の公営水力発電所由来のCO2フリー価値や地産価値を活用するもの。『信州産電力』として、中部電力(中部電力ミライズ)・丸紅新電力・みんな電力がそれぞれ同県内や首都圏等の大都市圏で契約している法人顧客を中心に供給する。

今回参画する17の発電所は下図の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.