> > 日本初、地産地消エネルギーシステム稼動 太陽光発電自営線・自己託送モデル

日本初、地産地消エネルギーシステム稼動 太陽光発電自営線・自己託送モデル

省エネ・省コストも実現する地産地消エネルギーシステム(出所:リソルホーディングスPR)

リソルグループのリソル生命の森(千葉県長柄町)とリソル再生エネルギー(福島県石川郡)は4月1日、光熱費やCO2の削減と災害時の自家発電を目的とし、リソル生命の森社の施設敷地内で、太陽光発電による電力を自営線と自己託送を組み合わせて地産地消する「地産地消エネルギーシステム」を稼動した。

同事業は、太陽光発電で創出される電力を広大な敷地内で地産地消するため、自営線の新設と既存のネットワーク系統の活用により、敷地内に散在する建物間を合理的に接続し、面的にエネルギー利用を行う。

変動する太陽光発電の電力は、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を用いて、充放電機能を持った電気自動車(EV)の活用、蓄熱機能を有するヒートポンプ給湯機の熱製造に再エネ電力を活用するなど、域内にある設備を一体で適正運用し地産地消につなげる。

太陽光発電の電力を自営線・自己託送と組み合わせ、省エネ率33.5%を実現

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.