> > 太陽光発電協会「運転開始の遅延等に救済措置を」 コロナ禍の対応を要望

太陽光発電協会「運転開始の遅延等に救済措置を」 コロナ禍の対応を要望

画像はイメージです

太陽光発電協会(JPEA)は、6月5日に開催された自由民主党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟で、新型コロナウイルス感染症の影響で受ける太陽光発電業界の現状を報告し、固定買取価格制度(FIT制度)における柔軟な対応などを要望した。

JPEAは6月18日、その説明資料を公開した。資料のタイトルは「新型コロナウィルスの影響を乗り越え太陽光発電が日本の主力電源となるために」。コロナ禍がもたらす太陽光発電業界への影響を踏まえ、2つのテーマで要望した。概要は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.