サントリーら12社、使用済みプラ再資源化へ新会社設立 新技術実用化めざす

  • 印刷
  • 共有
設立記者会見のようす(出所:アールプラスジャパン)
設立記者会見のようす(出所:アールプラスジャパン)

サントリーMONOZUKURIエキスパート、東洋紡、レンゴーなど、プラスチックのバリューチェンにかかわる12社が共同出資で、新会社「アールプラスジャパン」を設立した。米国バイオ化学ベンチャー企業・アネロテック社の技術を活用し、環境負荷の少ない効率的なプラスチック再資源化技術の開発に挑む。

6月30日に開いた設立記者会見で、サントリ-ホールディングス社長の新浪 剛史氏は「プラスチック問題は先送りできない課題。新会社は使用済みプラのリサイクルについて技術の芽を育み、花を咲かせる会社」と説明。現在多くを占める熱利用ではなく、プラスチック素材として効率的に再生する新技術の実用化をめざすとした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事