川崎重工ら、水素専焼ガスタービン「ドライ燃焼方式」の技術実証試験に成功

  • 印刷
  • 共有
ドライ低NOx水素専焼ガスタービンの実証試験プラント(出所:NEDO)
ドライ低NOx水素専焼ガスタービンの実証試験プラント(出所:NEDO)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月21日、川崎重工業(東京都港区)、大林組(同)とともに、「水素社会構築技術開発事業」において、川崎重工が開発した「マイクロミックス燃焼」技術を活用したドライ低NOx水素専焼ガスタービンの技術実証試験を5月に開始し、世界で初めて成功したと発表した。

水素ガスタービンから発生した熱と電気を近隣施設に供給するシステムの技術実証についても、秋から神戸市ポートアイランドで開始する計画。ドライ燃焼方式による水素発電の安定運用、発電効率や環境負荷低減効果などの性能を検証していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報