> > カネカ、結晶シリコン太陽電池がトヨタの「低速自動運転EV」に採用

カネカ、結晶シリコン太陽電池がトヨタの「低速自動運転EV」に採用

(出所:カネカ)

カネカ(東京都港区)は7月31日、同社が開発した結晶シリコン太陽電池(ヘテロ接合バックコンタクト型)が、トヨタ自動車(愛知県豊田市)の低速自動運転EV「e―Palette」のルーフガラス部分に採用されたと発表した。

今回採用された製品は、ヘテロ接合技術とバックコンタクト技術を組み合せた結晶シリコン太陽電池。同社独自技術による高い変換効率と、自動車用ガラスに近い意匠性を実現したことが評価され、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.