京セラ、太陽電池材料の特許技術を中国ファースト社にライセンス供与

  • 印刷
  • 共有
太陽電池モジュールの封止材料(出所:京セラ)
太陽電池モジュールの封止材料(出所:京セラ)

京セラ(京都府京都市)は8月7日、太陽電池モジュールの劣化を低減させる封止材料に関する特許技術を、太陽電池モジュールの封止材料メーカーのハンゾーファーストアプライドマテリアル(ファースト社/中国浙江省)にライセンス供与すると発表した。

両社は、封止材料に関する特許技術をファースト社のみにライセンス供与することと、この技術をベースに新規封止材料の共同開発を行うことについて、8月1日に基本合意書を締結した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事