花王、ハンドソープ容器の「水平リサイクル」を江東区で実証へ 東京都事業で

  • 印刷
  • 共有
イメージ図(出所:花王)
イメージ図(出所:花王)

東京都は9月2日、ワンウェイ(使い捨て)プラスチックの削減やリサイクル・再生プラスチック利用の促進など、プラスチックの持続可能な利用に向けた先駆的取組を都と共同して実施する事業者を、花王(東京都中央区)に選定したと発表した。

花王はこの採択を受け、参加企業・団体と共に、ワンウェイプラスチックを、同じ用途を持つ製品に「水平リサイクル」する資源循環型モデル事業の実証を開始。再生プラスチックを使用したボトルと、資源循環に配慮した単一素材(モノマテリアル)の詰め替え用フィルムを容器としたハンドソープを試作し、江東区の公共施設に配布する。期間は2020年9月~2021年2月。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報