> > 脱炭素化に向けた6国際会議、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」として開催

脱炭素化に向けた6国際会議、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」として開催

(出所:経産省)

経済産業省は9月25日、世界全体のカーボンニュートラル、さらに過去に排出された大気中のCO2削減(ビヨンド・ゼロ)を可能とする革新的技術の確立と社会実装を目指す「革新的環境イノベーション」の実現に向けて、10月に、6つの国際会議を「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」として一体的に開催すると発表した。

今回初めて、脱炭素化に関連する以下の国際会議を連続的に開催することで、個別の挑戦課題とこれらを社会実現する道筋・手法について提示する。

  • ICEF 2020(10月7日~8日)
  • RD20(10月9日)
  • TCFDサミット2020(10月9日)
  • 第9回LNG産消会議(10月12日)
  • カーボンリサイクル産学官国際会議2020(10月13日)
  • 水素閣僚会議(10月14日)

「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」のキャッチコピーは「All Energy Sources, Technologies and Pathways to Decarbonization-」。

米国、豪州、サウジアラビア、カタールなど

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.