> > 鹿児島県大崎町が企業と協働 SDGs達成へ実証実験・人材育成を受け入れ

鹿児島県大崎町が企業と協働 SDGs達成へ実証実験・人材育成を受け入れ

クリックで拡大します
未来の大崎町ヴィジョンマップ(出所:大崎町)

鹿児島県大崎町は10月29日、資源循環を中心としたこれまでのSDGsに関する取り組みを加速させるため、放送局や金融機関等県内外の多様な企業と協働し「大崎町SDGs推進協議会」を2021年1月に設立することを発表した。

大崎町を中心に、それぞれの関係者が強みを生かすことで、町だけでは達成できない広範な課題の解決に取り組み、2030年のSDGs達成を目指す。特に、リサイクル率12年連続日本一の町の強みを生かし、SDGs目標12「つくる責任、つかう責任」において、「使い捨て容器の完全撤廃、脱プラスチック実現」などについて、重点的に取り組みを行うという。

具体的には、2024年までに町内で販売される全ての消費材で使い捨て容器に代わるもっと便利な手段を提供し、2027年までに

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.