> > 凸版印刷、冷凍保存食品向け環境配慮型パッケージを開発 食ロス・CO2削減

凸版印刷、冷凍保存食品向け環境配慮型パッケージを開発 食ロス・CO2削減

「冷凍食品向け長期品質保持可能な環境パッケージ」のイメージ((C)Toppan Printing)

凸版印刷(東京都千代田区)は11月2日、長期冷凍保管される畜肉や魚介類加工品などの1次産品を長期品質保持できる、環境配慮型パッケージを開発し、冷凍畜肉・水産・農産加工品などの卸売り事業社や食品メーカー、スーパーなどに販売を開始した。2021年度までに関連事業含めて約50億円の売上を目指す。

この製品は、同社独自の蒸着加工技術とコーティング技術をもとに開発された「GL BARRIER」を使用し、冷凍保管時に発生する酸化による変色や風味の変化を、従来よりも長期的に抑えることが可能だという。また、リサイクルしやすいモノマテリアル構成にも対応可能で、CO2排出量の削減とリサイクル適性の向上を実現した環境配慮型パッケージだとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.