> > 新型コロナで外出自粛、省エネ・ヒートアイランド緩和効果があった? 産総研

新型コロナで外出自粛、省エネ・ヒートアイランド緩和効果があった? 産総研

外出自粛による大阪市の気温(左)と電力消費量の変化(右)
破線はG20大阪サミットに伴う交通・出勤規制区域を示す(出所:産総研)

産業技術総合研究所(産総研/東京都千代田区)は11月6日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響で、大阪市のオフィス街では人口減少により、気温が0.13℃、電力消費量が40%低下する効果があったと推定する研究結果を発表した。

これは、テレワークの普及など、都心部での人間活動の変化により、省エネとヒートアイランド緩和が実現できる可能性を示唆するものだとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.