> > 東芝、世界初「水系」リチウムイオン二次電池を開発 設置場所の自由度を改善

東芝、世界初「水系」リチウムイオン二次電池を開発 設置場所の自由度を改善

(出所:東芝)

東芝は11月19日、マイナス30℃でも運用できる水系リチウムイオン二次電池(水系電池)を世界で初めて開発したと発表した。電解液に水を用いており、消防法の危険物に該当しないため設置場所の自由度が広がるほか、2,000回以上充放電可能という特長を兼ね備えているという。同社は今回開発した水系電池の研究開発をさらに進め、早期のサンプル提案を目指す。

同社は高い安全性を有するリチウムイオン二次電池(LIB)として、負極に黒鉛ではなく燃えないリチウムチタン酸化物(LTO)を採用したSCiB(™)を提供している。この安全性をより高めるため、外部要因で火災が起きた際の安全性にも考慮し、電解液に不燃性水溶液を採用した水系電池を開発した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.