> > 凸版印刷、リサイクルPETフィルムを使用した紙パックを本格販売 

凸版印刷、リサイクルPETフィルムを使用した紙パックを本格販売 

(左)環境配慮型紙容器「EP‐PAK」、(右)採用事例:大関「のものも 500mlはこ詰め」(出所:凸版印刷)

凸版印刷(東京都千代田区)は環境配慮型パッケージとして展開する紙パックについて、使用済みPETボトルをPET樹脂に再生した「メカニカルリサイクルPET」を内装フィルムに使用した製品をラインアップし、2021年1月から本格的な販売を開始した。

同社によると、再生樹脂配合率80%を実現した同フィルムを採用することで、包材製造時に排出するCO2を24%削減できるという。清酒・焼酎・調味料メーカーへの提案を進め、2023年度に5億円の売上をめざす。なお、同製品は、大関(兵庫県西宮市)の「のものも500ml箱詰め」で採用されている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.