> > ピクセルカンパニーズG、「営農型太陽光発電」協働事業の支援開始

ピクセルカンパニーズG、「営農型太陽光発電」協働事業の支援開始

(画像はイメージです)

ピクセルカンパニーズ(東京都港区)は2020年12月24日、同社子会社のピクセルエステート(東京都港区)が、長野県野辺山市において営農型太陽光発電を予定する協働事業プロジェクトに対して権利の売却及びアドバイザリー支援を行うことを発表した。

同社は、同プロジェクトへの参画理由を以下の通り説明している。

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー電力は、地球温暖化対策や原発依存体制からの脱却、エネルギー安全保障政策等重要な役割を担っており、営農型太陽光発電はそれらに加え、売電収益による農家所得の向上や農業経営の下支え、耕作放棄地の再生等、農業・農村が抱える課題解決の1つのツールとしても注目されはじめており、農林水産省においても、健全な営農型太陽光発電の取り組みを促進している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 41 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.