> > RPF製造業で外国人技能実習生の受け入れ可能に 廃棄物関係で初の職種追加

RPF製造業で外国人技能実習生の受け入れ可能に 廃棄物関係で初の職種追加

RPFサンプル(日本RPF工業会)

日本RPF工業会(東京都千代田区)は1月8日、外国人技能実習制度において、廃棄物由来の固形燃料「RPF」を製造する職種(RPF製造職種)が認定職種に同日付で追加されるとともに、その「技能実習評価試験機関」として同工業会が認定されたと発表した。

同工業会によると、廃棄物関係の職種では初の職種追加だという。今回の決定により、「海洋プラスチック」「都市浮遊ごみ」等で大きな環境問題を抱えているアジアの開発途上国からの使用済みプラスチックの処理方法と、RPF製造技術の移転要望に応えることができるようになったという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.