> > 大成建設、環境配慮型コンクリート・二次製品の商品開発を加速 研究会設立

大成建設、環境配慮型コンクリート・二次製品の商品開発を加速 研究会設立

土木構造物に用いるコンクリート二次製品の主な試作例(出所:大成建設)

大成建設(東京都新宿区)は、1月12日、環境配慮コンクリート「T-e Concrete(R)」普及に向け「T-e Concrete研究会」を設立したことを発表した。同社ほか土木・建築資材メーカー8社が参画。研究会を通じて土木構造物用部材や建築物内外装建材など、多様な商品開発を加速する。

2014年に同社が開発したT-e Concreteは、普通セメントの代わりに産業副産物の高炉スラグやフライアッシュなどを混合したコンクリート。その製造過程で発生するCO2排出量を、従来の普通セメントを使用する一般的なコンクリートと比較して最大で80%削減できるという。また、高炉スラグなどを大量に使用することから、資源の有効利用にも貢献できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.