> > 日立造船、下水汚泥の焼却事業に参入 温室効果ガス削減へ都と共同研究

日立造船、下水汚泥の焼却事業に参入 温室効果ガス削減へ都と共同研究

試験設備の外観(出所:日立造船)

日立造船(大阪府大阪市)は1月12日、下水汚泥の焼却事業に参入すると発表した。ストーカ炉により下水汚泥を850℃以上で高温燃焼する技術を実用化することで、温室効果ガスである一酸化二窒素(N2O)の削減と、省エネ・創エネモデルの実現を目指す。

第1弾としてすでに、2019年度から東京都下水道局と「第二世代型焼却炉適合に向けた共同研究(ストーカ炉の下水汚泥燃焼適合技術)」を実施、2020年9月から実証試験を開始している。2021年度の技術認証を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.