都市型藻類バイオマスの培養実験を開始 カーボンリサイクルモデルで構築

  • 印刷
  • 共有
都市型藻類バイオマス生産プロセス技術開発を目指した実証試験用フォトバイオリアクター
(出所:三菱化工機)
都市型藻類バイオマス生産プロセス技術開発を目指した実証試験用フォトバイオリアクター (出所:三菱化工機)

三菱化工機(神奈川県川崎市)は1月14日、同社川崎製作所構内に、都市型藻類バイオマス生産を想定したガラス管式閉鎖系フォトバイオリアクター(培養装置)を設置し、微細藻類培養の実証試験を開始したと発表した。同実証は、都市ガスから水素を製造する際に排出するCO2を微細藻類の培養に活用する「カーボンリサイクル技術モデル」として構築するという。

今回設置したフォトバイオリアクターは、都市部のビルや工場でも微細藻類を培養できる「都市型バイオマス生産装置」だという。飛来物対策や免震構造を取り入れた自立性の高いオリジナルのリアクターフレームを開発し、大型台風・地震などへの対策も考慮しているという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報