> > エプソン、オフィス製紙機で「紙資源を地域で循環」 北九州市で実証実験

エプソン、オフィス製紙機で「紙資源を地域で循環」 北九州市で実証実験

「紙の循環から始める地域共創プロジェクト」概要(出所:エプソン)

エプソン販売(東京都新宿区)は1月21日、福岡県北九州市において、オフィス製紙機「ペーパーラボ」を中心とした、紙の地域循環システム構築に向けた実証実験を開始すると発表した。地域から発生する古紙を回収し新たな紙に再生して地域に還元、さらに再生した紙のアップサイクル品の製作等も行う。

この実証実験は、北九州市の支援を受け、同市の「北九州SDGsクラブ」が推進する新たなプロジェクトチームとして「紙の循環から始める地域共創プロジェクト」を立ち上げ実施するもの。産学官民による協働、循環システム推進により、北九州地域の環境・経済・社会の3つの側面を統合的に支援するプロジェクトとしてモデル化を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.