大阪ガス、法人向けにCO2ゼロの電気とガスを販売 脱炭素経営を支援

  • 印刷
  • 共有
再生可能エネルギー100%の新電気料金メニュー「D-Green(ディーグリーン)」シリーズイメージ(出所:大阪ガス)
再生可能エネルギー100%の新電気料金メニュー「D-Green(ディーグリーン)」シリーズイメージ(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は4月1日より、脱炭素の推進に取り組む法人向けに「カーボンニュートラル都市ガス」と、再生可能エネルギー100%の新電気料金メニュー「D-Green(ディーグリーン)」シリーズの申込み受付を開始した。大阪ガス100%子会社のDaigasエナジー(大阪府大阪市)が代理店として受付を行う。

「カーボンニュートラル都市ガス」は、天然ガスの採掘、輸送、製造、燃焼のそれぞれの工程で発生するCO2をCO2クレジットで相殺した「カーボンニュートラルLNG」を活用する。主に業務用・工業用分野の顧客を対象に販売していく計画。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報