三菱マテ、2050年GHG排出実質ゼロへ 気候関連リスク・機会を分析

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します(出所:三菱マテリアル)
クリックで拡大します(出所:三菱マテリアル)

三菱マテリアル(東京都千代田区)は3月29日、2050年度までに同社グループの温室効果ガス(GHG)排出量を実質ゼロとする、カーボンニュートラル実現に向けた削減目標を設定した。併せて、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に基づき、気候関連リスク・機会が同社事業および財務に与える影響について、シナリオ分析を実施した。

同社の目指す姿として掲げる「脱炭素社会の構築に貢献」するため、グループ全体のGHG排出量削減に関して、2030年度までに17%削減(2013年度比)、2050年度までにカーボンニュートラル実現を目指す中長期目標を設定した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報