> > 大塚食品、クリスタルガイザーを50%リサイクルペットボトルに

大塚食品、クリスタルガイザーを50%リサイクルペットボトルに

(出所:大塚食品)

大塚食品(大阪府大阪市)は4月から、同グループの米・CGロクサーヌ社が製造する湧水を直接ボトリングしたミネラルウォーター「クリスタルガイザー」に50%リサイクルペットボトルを導入し、全国で順次展開する。一般的な石油由来100%のペットボトルと比較して、ボトル1本あたりのCO₂排出量を約30%削減できる見込み。

CGロクサーヌ社は2018年、米国の飲料メーカーで初めて、ペットボトルをリサイクルする自社工場の操業を開始。リサイクル原料を50%使用したクリスタルガイザーを米国で販売している。今回日本で販売する50%リサイクルペット製品も、CGロクサーヌ社で製造する。なお、リサイクル工場は年間約10億本分のペットボトルを処理する能力を備えているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.