> > トヨタとイオン子会社、物流領域で協業 物流改善・カーボンニュートラル推進

トヨタとイオン子会社、物流領域で協業 物流改善・カーボンニュートラル推進

画像はイメージです

トヨタ自動車(愛知県豊田市)と、イオングループで物流の運営・管理を行うイオングローバルSCM(千葉県千葉市)は4月27日、社会課題のひとつである物流領域で協業し、物流業界が抱える人手不足、カーボンニュートラルといった共通課題の解決を目指す取り組みを開始すると発表した。

イオングローバルSCMが培った小売業の物流ノウハウと、トヨタ生産方式(TPS:Toyota Production System)ノウハウ、コネクティッド・電動化技術を組み合わせることで、課題の解決を目指す。また、サプライチェーン全体を効率化する仕組みや、コネクティッドシステムを構築することで、物流の改善に取り組んでいく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.