> > 旭化成グループ、50年GHG排出量ゼロへ 事業・技術で社会の排出量も削減

旭化成グループ、50年GHG排出量ゼロへ 事業・技術で社会の排出量も削減

クリックで拡大します
カーボンニュートラルに向けた取り組みのポイント(出所:旭化成)

旭化成(東京都千代田区)は5月25日、同社グループの温室効果ガス(GHG)排出量目標として、2050年にカーボンニュートラル(実質排出ゼロ)を目指すと発表した。また、中間目標として、2030年にGHG排出量の30%以上の削減(2013年度対比)を目指すことを掲げた。対象はスコープ1(自社によるGHGの直接排出)・2(他社から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出)の絶対量。

今回、カーボンニュートラルに向けた方針を新たに定め、自社事業活動に伴うGHG排出量削減目標を示した。これまでは売上高あたりの排出量(排出原単位)削減を目標としていたが、カーボンニュートラルへの道筋をより明確にするため、排出「絶対量」削減の目標に改めた。これに加え、「事業/技術による社会のGHG量削減への貢献」にも取り組んでいくことを表明した。

カーボンニュートラルに向けた新事業創出を検討

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.