> > 家庭用蓄電池の勧誘トラブル、2020年度相談件数は1,314に 過去最高

家庭用蓄電池の勧誘トラブル、2020年度相談件数は1,314に 過去最高

PIO-NETにおける家庭用蓄電池に関する相談件数の推移
(出所:国民生活センター)

国民生活センターは6月3日、家庭用蓄電池の勧誘トラブル防止のため、相談事例を紹介するとともに、消費者への注意喚起を行った。事業者の突然の訪問を受けてもその場で契約はせずによく検討するよう呼びかけている。

全国の消費生活センター等には家庭等で利用する据置型蓄電池(家庭用蓄電池)に関する相談が多く寄せられているという。相談件数は近年増加傾向にあり、2016年度は325件、2017年度は553件、2018年度は926件、2019年度は1,000件を超え1,302件、2020年度は1,314件となった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.