> > 凸版とENEOS、難再生古紙からバイオエタノールを製造 事業化目指す

凸版とENEOS、難再生古紙からバイオエタノールを製造 事業化目指す

バイオエタノール事業のイメージ(出所:凸版印刷)

凸版印刷(東京都文京区)とENEOS(東京都千代田区)は6月14日、古紙を原料としたバイオエタノール事業立ち上げに関して、共同で検討することに合意し、協議を開始したと発表した。両社は今後、検証テストのデータ等を基に、採算性や環境性能の評価を実施し、2027年以降の事業化を目指す。

両社が取り組む同事業の特長は、以下の通り。

  • 通常の再生紙だけでなく、リサイクルが難しいとされる防水加工された紙やノンカーボン紙などの難再生古紙もバイオエタノールの原料として最適化し使用する。
  • ENEOSが開発したエタノール連続生産プロセスを採用。製造工程で原料をつぎ足しながらエタノールを抽出し、連続的に製造することで製造効率を上げることができる。

将来的には

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.