> > ネスレ、業界初の試み 食品ロス削減ボックスを全国に設置

ネスレ、業界初の試み 食品ロス削減ボックスを全国に設置

専用ボックスの名称は「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」(出所:ネスレ日本)

ネスレ日本(兵庫県神戸市)は6月17日、みなとく(東京都港区)とともに、食品ロス削減を目的とした無人販売機の運用を全国5か所で開始したと発表した。

この取り組みは、納品期限の超過などを理由に、廃棄される可能性がある製品を冷蔵機能付きの無人販売機で販売するというもの。東京都内2カ所に加え、函館市・名古屋市・広島市の5カ所で実施される。使用される冷蔵機能付き無人販売機「fuubo(フーボ)」はみなとくが開発したもの。なお、流通先の納品期限を超過した自社製品を専門販売するために開発された無人販売機は今回が初 (ネスレ日本・みなとく調べ)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.