> > ANAとJAL、国産SAFで商業フライトに成功 木くずや微細藻類から製造

ANAとJAL、国産SAFで商業フライトに成功 木くずや微細藻類から製造

NH031便へ給油する様子(出所:IHI)

全日本空輸(ANA/東京都港区)と日本航空(JAL/東京都港区)は6月18日、CO2削減効果のある、国産の持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel:SAF)を使用した定期便によるフライトに成功したと発表した。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によるSAFの製造技術に係る研究開発の一環として、同事業で製造した国産のSAFを従来のジェット燃料に混合して、6月17日のANAとJALの定期便でのフライトを実施した。

ANAはNH031便(羽田発伊丹行)にて、微細藻類を原料とするSAFを使用したフライトを、JALはJL515便(羽田発札幌行)にて微細藻類や木くずを原料とする2種類のSAFを同時に使用したフライトを実施した。

このプロジェクトは、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.