> > 栗田工業と東芝ESS、火力・バイオマス等の発電所向け水処理分野で協業検討

栗田工業と東芝ESS、火力・バイオマス等の発電所向け水処理分野で協業検討

栗田工業(東京都中野区)と東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市/東芝ESS)は、7月6日、火力やバイオマスなどの発電所全般向けの排水処理分野において、デジタル技術を活用した運用最適化の効果検証について、協業検討を開始したと発表した。

栗田工業が保有する水処理技術・ノウハウと、東芝ESSで開発しているエネルギーIoTサービスを融合させ、顧客のニーズに合わせて「マイクロサービス」(一つのアプリケーションを、複数の小さなサービスを連携させた結合体として構築するソフトウエア開発手法)を適用することにより、再生可能エネルギーの拡大に則した運転やCO2排出量が少ない燃料の適用拡大を可能にするソリューションの提供を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.