> > JALグループ、ISO14001認証取得 環境に優しい機内食を目指す

JALグループ、ISO14001認証取得 環境に優しい機内食を目指す

ASIAGAP認証食材を使用した機内食(出所:日本航空)

日本航空(JAL/東京都品川区)は7月8日、同社グループで機内食を製造しているジャルロイヤルケータリング(JRC/千葉県成田市)が、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001:2015」の認証を取得したと発表した。

同社グループは、2030年のSDGs達成に向けて、グループの環境方針や、2021-2025年度中期経営計画の中で、「限られた資源の有効利用」を掲げており、機内食については、食べ残しと調理時の食品廃棄の削減を目標として設定し、「4R(Refuse、Reduce、Reuse、Recycle)」を通して、さまざまな取り組みを実施している。

JRCにおいても、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.