> > 福島県大熊町、地域新電力設立へ カーボンゼロへ再エネ地産地消など

福島県大熊町、地域新電力設立へ カーボンゼロへ再エネ地産地消など

(出所:大熊町)

福島県双葉郡大熊町は7月27日、プラント設計・メンテナンスや再エネ事業などを手掛けるエイブル(福島県双葉郡大熊町)と、「大熊町地域新電力会社の共同設立に関する協定」と「大熊町ゼロカーボン推進による復興まちづくりに関する連携協定」を締結し、地域新電力会社の設立に向けて検討を開始した。

設立準備を開始する地域新電力「(仮)大熊るるるん電力」は、地域の再エネの地産地消を達成するため、小売事業に留まらない総合的な地域エネルギー会社として事業を展開し、地域の復興を牽引していく役割を担うという。今後、同町内での小売電気事業や新たな電源開発を進めるため詳細な検討を行い、2021年度内に新会社を設立、2022年度からの営業開始を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 35 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.