アスエネ、GHG算定・報告・削減を一気通貫で支援 AI活用の新サービス

  • 印刷
  • 共有

アスエネ(東京都品川区)は8月26日、AIなどのテクノロジーを活用した、SaaSプラットフォーム型温室効果ガス(GHG)排出量クラウドサービス「アスゼロ」の提供を開始した。脱炭素に取り組みたい企業・自治体などを対象に、GHG排出量/カーボンフットプリントの算定・報告・削減・カーボンオフセットなどを一気通貫で支援する。テクノロジーによる自動化で業務工数削減、コスト削減を推進し、脱炭素経営の加速を図る。

同社は「再エネ100%×地産地消×コスト削減」を掲げるCO2ゼロのクリーン電力サービス「アスエネ」を提供している。今回新たに、サプライチェーン全体でのGHG排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」をリリースした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報