日本生協連、主力飲料2商品を再生プラ100%ペットボトルに切り替え

  • 印刷
  • 共有
(左から)「CO・OP 麦茶(国産六条大麦使用)600ml」、「CO・OP ラベルのない麦茶(国産六条大麦使用)600ml×24 本」※ケース販売商品(出所:日本生協連)
(左から)「CO・OP 麦茶(国産六条大麦使用)600ml」、「CO・OP ラベルのない麦茶(国産六条大麦使用)600ml×24 本」※ケース販売商品(出所:日本生協連)

日本生協連は10月から順次、コープの主力飲料である「CO・OP 麦茶(国産六条大麦使用)600ml」と「CO・OP ラベルのない麦茶(国産六条大麦使用)600ml×24本」の容器を、再生プラスチックを100%使用したペットボトルに切り替え販売する。

また、ボトルへの再生PET使用やボトル軽量化などのプラスチック削減の取り組みにより、再生プラスチックを使用したペットボトル飲料で国内初となるエコマーク認定を取得した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報