> > 大建工業、2050年GHG排出ゼロ・廃棄物埋立ゼロ目指す TCFD賛同も

大建工業、2050年GHG排出ゼロ・廃棄物埋立ゼロ目指す TCFD賛同も

建材メーカーの大建工業(大阪市北区)は10月18日、環境課題への長期的な取り組み姿勢と方針・目標を定めた「DAIKEN地球環境ビジョン2050」を策定したと発表した。また、同日、環境課題への取り組みの一環として、金融安定理事会(FSB)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言への賛同を表明した。

同ビジョンでは、「笑顔あふれる未来」のために同グループの企業活動を通じた環境課題への取り組みをより一層強化することとし、具体的な目標として、2050年までに「温室効果ガスの排出量実質ゼロ」、「廃棄物の最終埋立処分量ゼロ」、「ラワン材の使用ゼロ」の3つのゼロの達成を目指していくという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.