> > 大阪ガスとスカイソーラー、太陽光発電所を共同開発・保有へ 年数万kW開発

大阪ガスとスカイソーラー、太陽光発電所を共同開発・保有へ 年数万kW開発

共同開発する中小型太陽光発電所の設置イメージ(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は10月26日、全国で事業用太陽光発電所の開発を手掛けるSky Solar Japan(SSJ/東京都港区)と、中小型を中心とした事業用太陽光発電所の継続的な共同開発・共同保有に関する合意書を締結したと発表した。今後数年間にわたって年間数万kWの規模で太陽光発電所の共同開発を進めるとともに、SSJが開発済みの太陽光発電所の一部についても共同保有化を進める。

太陽光の大規模な開発用地が減少していることから、大阪ガスでは開発力のあるデベロッパーとの協業により、中小型を中心に事業用太陽光発電所を多拠点で開発する活動を進めている。SSJとの合意はその取り組みの一環。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.