> > 積水ハウス、2023年度以降の分譲マンションはすべてZEH仕様に

積水ハウス、2023年度以降の分譲マンションはすべてZEH仕様に

超高層ZEH-M実証事業に初採択されたグランドメゾン上町一丁目タワー(出所:積水ハウス)

積水ハウス(大阪府大阪市)は10月28日、2023年以降に販売する分譲マンション 「グランドメゾン」の全住戸をZEH、全棟をZEH-M(ゼッチ・マンション)にすると発表した。今後、販売する物件のZEHおよびZEH-M比率は、2021年度で35%、2022年度で85%、2023年度には100%達成を目指す。

同社は2019年、1次エネルギー収支で100%以上削減する「ZEH」基準を全住戸で満たす日本初の低層分譲マンション「グランドメゾン覚王山菊坂町」(愛知県名古屋市)を建設。超高層分譲マンション建設においても、同年、「グランドメゾン上町一丁目タワー」(大阪府大阪市)が経済 産業省「平成31年度 超高層ZEH-M実証事業」に採択された実績がある。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 27 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.