テスHD、茨城県桜川で太陽光発電事業開始 発電容量約1.4MW

  • 印刷
  • 共有
TESS 茨城桜川ソーラー発電所(出所:テスホールディングス)
TESS 茨城桜川ソーラー発電所(出所:テスホールディングス)

テスホールディングス(大阪府⼤阪市)は1月31日より、茨城県桜川市にて、「TESS 茨城桜川ソーラー発電所」(発電容量約 1.4MW)の運転を開始したと発表した。

同発電所は、太陽光パネル4,284枚を使用。年間発電量は約155万kWhとなる見込み(一般家庭約522世帯分が消費する電力に相当)で、年間約703トンの二酸化炭素排出削減に貢献するという。発電した電気は、全量を東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)に売電する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報