大成建設、建設現場のCO2排出量削減へ 電力使用量集計・分析システム実装

  • 印刷
  • 共有
電力使用量集計・分析システム「T-CARBON E-Site」概要図
(出所:大成建設)
電力使用量集計・分析システム「T-CARBON E-Site」概要図 (出所:大成建設)

大成建設(東京都新宿区)は4月28日、建設現場での電力使用量をリアルタイムに集計・分析して、CO2排出量を把握するシステム「T-CARBON E-Site」を開発し、実装を開始したと発表した。同システムの実装により土木・建築作業所の詳細な電力需要が把握できる。再生可能エネルギーの活用など最適な電力調達ができるようになるとともに、建設段階でのCO2排出量削減に関する取り組みが可能になるとしている。

同システムは1月から順次、電力使用量の多い約60カ所の建設現場に対して実装を開始した。各建設現場の受電設備等に電力使用量データの転送装置を設置し、電力使用量を「30分値」で計測して、専用クラウドにリアルタイムに送信し集計を行う。主な特徴は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報