クレハ、米スタートアップClaros社と協業 PFAS吸着の開発等

  • 印刷
  • 共有

クレハ(東京都中央区)は、5月6日、グループ会社であるKureha America(米国テキサス州)が、米国のスタートアップ企業Claros Technologies(Claros社)と、PFAS吸着および無害化技術プラットフォーム開発で協業すると発表した。

PFAS(パーフルオロアルキル化合物、ポリフルオロアルキル化合物及びこれらの塩類)は各種産業に広く利用されているものの、非常に毒性が高く、自然分解しないため環境中に残存しやすい特性がある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報