> > BYDジャパン、新型EVバス2種を販売へ 大型の航続距離は約270km

BYDジャパン、新型EVバス2種を販売へ 大型の航続距離は約270km

新型「J6」・新型「K8」外観イメージ(出所:ビーワイディージャパン)

BYDの日本法人ビーワイディージャパン(神奈川県横浜市)は5月10日、日本市場向けの小型電気バス「J6」と大型電気バス「K8」の新型車両を開発したと発表した。同日より予約受付を開始し、2023年末に納車する予定だ。

新型EVバスにはそれぞれ、BYDの新型バッテリー「ブレードバッテリー」を搭載。これにより、安全性を確保しながら、航続距離を「J6」は約220km、「K8」は約270kmまで伸ばすことが可能になった。

公共機関として運用が期待されるEVバス

昨今、日本政府が「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指すと宣言したことをうけ、内燃機関から電気自動車(EV)への転換を図る気運が高まっている。特に、一度に多くの人を運ぶことができ、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.