三菱ガス化学、CO2とグリーン水素でメタノール製造 豪セメント大手と

  • 印刷
  • 共有
(出所:三菱ガス化学)
(出所:三菱ガス化学)

三菱ガス化学(東京都千代田区)は10月28日、豪州セメント大手のCement Australia(CA社)と、CA社工場から回収するCO2とグリーン水素を原料としたメタノール製造販売の事業化検討を開始すると発表した。この提携により、両社は、ネットゼロの未来への移行を加速するCCU(CO2回収・有効利用)手法の確立を目指す。

CCU手法の確立を目指す

今後は、クイーンズランド州にあるCA社グラッドストーン工場で、三菱ガス化学が新たに開発した環境循環型メタノール製造技術の適用を図る。取り組みの詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報