エプソン、オフィス印刷業務のCO2削減を提案 パソナグループと

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

エプソン(東京都新宿区)は11月10日、パソナグループのキャプラン(同・港区)と脱炭素関連サービスで協業すると発表した。即効性があり簡単に取り組める実効策として、企業に対し、オフィスのCO2排出量可視化と、インクジェット技術によるCO2削減策を提案する。

キャプランはCO2排出量を可視化する「CO2排出量可視化BPOサービス」を提供している。同サービスにエプソンの「出力環境アセスメントサービス」を組み合わせる。これにより、印刷業務に関連する排出量を詳細まで明らかにし、低消費電力のインクジェット方式への切り替えによる排出量削減のシミュレーション結果とともに、顧客に最適な印刷環境を提案する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報