LNG未利用熱を活用、工場排ガスからCO2分離・回収 日揮

  • 印刷
  • 共有
LNG未利用冷熱を活用したCO2分離回収(工場排ガス対象)のイメージ(出所:日揮ホールディングス)
LNG未利用冷熱を活用したCO2分離回収(工場排ガス対象)のイメージ(出所:日揮ホールディングス)

日揮ホールディングス(神奈川県横浜市)は10月31日、国内EPC事業会社の日揮(同)が、液化天然ガス(LNG)未利用冷熱を活用したCO2分離回収技術の開発を開始したと発表した。工場排ガスに含まれるCO2を、直接回収する技術の確立を目指す。

LNGは天然ガスをマイナス162℃に冷却した液体。LNG受入基地で再ガス化する際に多くの冷熱が放出される。この冷熱は十分利用されていない一方、動力や電力も生み出すことができるエネルギー源として注目されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報