東芝ESSと秋田県、再エネ導入で連携 洋上風力部品の国内供給網構築へ

  • 印刷
  • 共有
(画像左から)秋田県の佐竹敬久知事と東芝エネルギーシステムズの四柳 端社長
(画像左から)秋田県の佐竹敬久知事と東芝エネルギーシステムズの四柳 端社長

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は9月30日、秋田県と「再生可能エネルギー導入推進に関する連携協定書」を締結した。また、これを受け、洋上風力発電向けの機器・部品を秋田県で積極的に調達することを目的とした「秋田サプライチェーン推進担当」を新設し、問い合わせ窓口を設置した。

両者は今後、同協定書に基づき、風力を始めとした、地熱・太陽光・水力などの再エネ全般の導入支援、洋上風力の部品製造・調達におけるサプライチェーン構築、再エネ関連産業に関わる人材育成、再エネの地産地消、VPP(仮想発電所)などエネルギーアグリゲーション関連サービス、水素の製造・活用などについて検討を進める。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報