福島県鮫川村で、約41MWメガソーラーが運転開始 シャープエネらが出資

  • 印刷
  • 共有
鮫川青生野太陽光発電所(出所:シャープエネルギーソリューション)
鮫川青生野太陽光発電所(出所:シャープエネルギーソリューション)

シャープエネルギーソリューション(SESJ/大阪府八尾市)は5月11日、芙蓉総合リース(東京都千代田区)と共同出資する合同会社鮫川エナジー(大阪府八尾市)が、福島県東白川郡鮫川村で、「鮫川青生野(さめがわあおの)太陽光発電所」の商業運転を開始したと発表した。

放牧地跡地に建設、年間予測発電量は約4400万kWh

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事