【南米】チリ山火事で100人以上死亡 エルニーニョ・気候変動の影響か

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

これまでに100人以上の死亡が確認されている南米・チリでの大規模な山火事について、世界気象機関(WMO)、国連防災機関(UNDRR)が2月5日に声明を発表した。

この山火事は、チリをはじめとする南米地域が、エルニーニョ現象による猛烈な熱波に襲われ、気候変動によってさらに状況が悪化している中で発生した。現地では、赤色警報(最も危険が高いレベル)が発令され、夜間の外出禁止令なども実施された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事