エネ庁、CO2固定化コンクリートの試行工事を施工

  • 印刷
  • 共有
使用した埋設型枠の概要(出所:資源エネルギー庁)
使用した埋設型枠の概要(出所:資源エネルギー庁)

資源エネルギー庁は9月6日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国土交通省と連携し進めているグリーンイノベーション基金事業において、CO2を固定化し収支をマイナスにするコンクリート埋設型枠を国土交通省直轄の工事現場で試行施工すると発表した。

この⼯事は、高知県高岡郡にある⽇下川新規放⽔路トンネル工事の一環で、作業坑部を管理⽤通路として整備するもの。⼯事の施⼯にあたり、CO2を固定化するコンクリートを⽤いた埋設型枠を、側壁部の⼀部で使⽤する。工事受注者は鹿島建設(東京都港区)。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報