エコキュート関連の補助金(東京都練馬区)

検索結果

東京都練馬区(エコキュートに関する補助金)

東京都練馬区の補助金の詳細は、以下の通りです。
実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。
詳細は問い合わせ先へご確認ください。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2022年4月21日 時点)
東京ゼロエミポイント(令和3年度)【延長】 対象期間中に、一定の基準を満たす対象機器への買い替えた個人が対象。

対象機器:エアコン(統一省エネラベル4つ星以上)、冷蔵庫(統一省エネラベル5つ星以上)、高効率給湯器
受けられる補助金 商品券等に交換可能な「東京ゼロエミポイント」を付与。
※詳細はHP参照

エアコン(統一省エネラベル4つ星以上)
冷房能力
2.2キロワット以下:12,000ポイント
2.4キロワット~2.8キロワット:15,000ポイント
3.6キロワット以上:19,000ポイント

冷蔵庫(統一省エネラベル5つ星)
定格内容積
250リットル以下:11,000ポイント
251リットル~500リットル:13,000ポイント
501リットル以上:21,000ポイント

高効率給湯器
エコジョーズ、エコキュート、エコフィール、ハイブリッド給湯器:10,000ポイント 
申請期間 ~2022/3/31
申請受付期限1年間延長しました。
問い合わせ先 東京ゼロエミポイントコールセンター
TEL: 0570-005-083  HP
東京都で利用できる補助金 (2022年4月14日 時点)
東京ゼロエミ住宅導入促進事業(令和4年度) 助成対象住宅の建築主である個人又は法人が対象
受けられる補助金 戸建住宅:50万円/戸
集合住宅:20万円/戸
太陽光発電システム設置で10万円/kW(上限100万円) 
申請期間 令和4年度のスケジュールはまだ未公開
問い合わせ先 創エネ支援チーム
TEL: 03-5990-5066  HP
東京都で利用できる補助金 (2022年4月21日 時点)
東京ゼロエミポイント(令和4年度) 設置済みのエアコン・冷蔵庫・給湯器を、省エネ性能の高いエアコン(統一省エネラベル4つ星以上)・冷蔵庫(省エネ性マークがグリーン色)・給湯器に買い換えた都民が対象。
受けられる補助金 商品券とLED割引券に交換できる「東京ゼロエミポイント」を付与。
【エアコン】2.2kW以下:1万2千ポイント、2.4kW以上2.8kW以下:1万5千ポイント、3.6kW以上:1万9千ポイント
【冷蔵庫】250ℓ以下:1万1,000ポイント、251ℓ以上500ℓ以下:1万3千ポイント、501ℓ以上:2万1,000ポイント
【給湯器】1万ポイント 
申請期間 ~2023/3/31
問い合わせ先 東京ゼロエミポイントコールセンター
TEL: 0570-005-083  HP
練馬区で利用できる補助金 (2022年4月7日 時点)
令和3年度練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度 太陽光発電設備や家庭用燃料電池システムなどの発電・給湯システムを設置した区民、区内で事業を営む従業員20名以下の法人事業者または事業主が区民である個人事業者、区内にある区分所有建築物(マンション等)の管理組合などが対象。

対象設備:太陽光発電設備、自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、蓄電システム、ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H)、LED化改修、改修窓
受けられる補助金 補助対象設備の設置等に係る費用から消費税の額を除き、さらに対象設備に国や都など他自治体の補助金を申請している場合には、その補助金額を差し引いた額の2分の1または各対象設備ごとに定めた補助上限額のうちいずれか低い方の額。

太陽光発電設備 区民および事業者:上限5万円、管理組合:上限20万円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート) 区民および事業者:上限2万5千円
家庭用燃料電池システム(エネファーム) 区民および事業者:上限5万円
蓄電システム:区民および事業者:上限6万円、管理組合:上限20万円
ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H) 区民および事業者:上限10万円、管理組合:上限20万円
LED化改修 管理組合:上限20万円
改修窓 区民および事業者:上限4万円、管理組合:上限20万円 
申請期間 2021/4/15~2022/3/31
問い合わせ先 環境部 環境課 地球温暖化対策係 補助金担当
TEL: 03-5984-4706  HP
練馬区で利用できる補助金 (2022年4月7日 時点)
令和4年度練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度 対象システムを設置した区民、事業者、管理組合が対象

対象設備:太陽光発電設備、自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、蓄電システム、ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H)、LED化改修、改修窓、高機能換気設備
受けられる補助金 下記いずれか低い額
・補助対象設備の設置等に係る費用から消費税の額を除き、さらに対象設備に国や都など他自治体の補助金を申請している場合には、その補助金額を差し引いた額の2分の1
・各対象設備ごとに定めた補助上限額のうちいずれか低い方の額。

【太陽光発電設備】
・区民、上限5万円
・事業者:上限5万円
・管理組合:上限20万円
【自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)】
・区民:上限2万5千円
・事業者:上限2万5千円
・管理組合、対象外
【家庭用燃料電池システム(エネファーム)】
・区民:上限5万円
・事業者:上限5万円
・管理組合、補助対象外
【蓄電システム】
・区民:上限6万円
・事業者:上限6万円
・管理組合:上限20万円
【ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H)】
・区民:上限10万円
・事業者:上限10万円
・管理組合:上限20万円
【LED化改修】
・区民、補助対象外
・事業者、補助対象外
・管理組合:上限20万円
【改修窓】
・区民:上限12万円
・事業者:上限12万円
管理組合:上限20万円
【高機能換気設備】
・区民、補助対象外
・事業者:上限10万円
・管理組合、補助対象外 
申請期間 2022/4/15~2023/3/15
問い合わせ先 環境部 環境課 地球温暖化対策係 補助金担当
TEL: 03-5984-4706  HP

会社案内 | 採用情報 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 日本ビジネス出版. All rights reserved.